お問い合わせ 電話:080 4048 0899
info.jp@icon-valves.com
私たちのバルブは高温、高圧、摩耗、浸食、また スケール形成する媒体に適しています。







































































































ソリューションを見つける

バルブの問題点を、なるべく詳細に至るまでこのフォーム上に書いてください。すぐ、お返事します。

または、このページーをダウンロードし、書類を書き込んだ上、FAX: +81 0136 23 3206 までファックスをお送りください。[ダウンロード]

お客さまの詳細
これは必須です。
これは必須です。
これは必須です。書式が無効です。もう一度ご確認ください。

ここにバルブの問題をご記入ください。

現在使用中のバルブ
バルブ製造会社名
モデルナンバー
サイズ
製品の材質
本体
トリム
シート
シール
圧力定格 (ANSI, DIN, JIS等)
面間寸法 (mm)
使用期間と故障の原因
(できる限り詳細)
プロセス情報
媒体
固体の割合
pH値
化学成分
%
%
%
プロパティー
ガス 
液体 
ヘビースラリー 
粉体 
ライトスラリー 
圧力 (作動/設計) (kpa)
温度
 作動 (C)
 作動 (C)
バルブ操作
型式
遮断 
調整 
両方 
サイクル数
 1時間につき
 1日につき
 その他
遮断レベル
クラス6 - 気泡漏れなし
クラス 4  
微量の漏出なら可 
アクチュエーション
手動レバー
ギアーボックス
空気圧式 
電力式
経過
金属 (温潤性など
のため)が一番良い
エラストマ ( ゴム状
弾性物質)が一番良い
摩耗個所 - バルブの
どこが摩耗するか
早期故障の原因
浸食
摩耗
その他 
現在の汎用での
新しいバルブの寿命
 時間
 日間
 週間
 ヶ月間
その他
この汎用例でのパイプと
フランジの材質
ガスケットの材質
備考